勉強がはかどる食事!


勉強の大敵のひとつは?
意外に思われるかもしれませんが、食事です!

理由は、食事をすると体が食べたものを消化しようと胃に血液を集中させ、
食後1時間程度は集中できない状態になるからです。

脳にめぐる血液の量が不足するのです。

 
食後は眠くなったり、頭がボーっとしたりしますよね。
そんな集中できない状態であれば、
勉強効率どころではありません。

たった1時間と思われるかもしれませんが、
食事は通常3回あります。

すると1日3時間集中できない時間が生まれます。

もしこの3時間を毎日1年間、勉強時間にあてると

3時間 × 365日 = 1095時間 

 

1095時間、1ヶ月半もの時間を捻出できます。
つまり食後の時間をうまく使うかどうかで目標達成の結果に
差が出てくるというわけです。

スポンサーリンク