お子様が朝起きなくて、イライラしていませんか?


早起きできない理由を冷静に探れば、毎朝叱らなくてすむようになる

子どもがいつまでも起きてくれないと、「いつまで寝ているの!」「何度起こしたら起きるつもり!?」と朝から起こる羽目になります。でも、なぜ子どもがさっと起きられないのかの理由がきちんと分かれば、少なくとも朝からイライラしなくてすむようにはなります。

 

まずはお子さんの体質をよく調べてみて、早起きできない原因がどこにあるのかを探ってみましょう。もしかしたらお子さんは、低体温症気味なのかもしれません。体温が低めだと、朝起きるのが辛かったり、起きたばかりの時は動作がスローモーになったり、朝食がのどを通らなかったりするのです。

 

血圧が低いタイプの子どもも、低体温症の子どもと同様に、朝からシャキシャキとは動けないものです。夕方以降は活発に体と頭を働かせることができるのに、朝は自分の意志に関係なく、体の動きが鈍くなってしまうのです。血圧が上がれば、朝から元気に動けますし、人によっては目覚めてすぐに活発に活動できる人もいるくらいなのですが…。

 

自分の子どもが早起きできない原因が体質にあったと知るだけで、「ああ、そうだったのか、この子が怠けているわけではなく、体質上仕方のないことだったのか」と思えるようになり、叱る気持ちが少なくなるでしょう。

 

逆に、子どもがなかなか起きられない原因について考えることをしないでいると、いつまでもだらだらとして、とか、なんてグズなのかしらなどと思ってしまい、イライラは募ります。血圧が高めで朝から元気いっぱいの親御さんであればなおさら、子どものこのような状況に気付けずに、厳しく叱りつけることになるでしょう。

 

子どもが早起きできないなら、何はさておき原因となっているものが何なのかを探ってみてください。それが何より大切です。なぜなら、原因がはっきりとわかれば、その原因となっている体質を改善させればよいのですから、そのための手立ても自然とわかってくるからです。そうすれば、無駄に朝から叱る毎日とはおさらばできるのです。

 

もしもお子さんが、低体温症気味であるために早起きできないのだとしたら、体温を上げる工夫を考えてみましょう。平熱を上げるにはどうしたらよいかということは、「低体温の原因と改善法!男性や子供も要注意、低い体温を上げると不調がなくなる」に詳しく解説していますので、低体温症気味ではないかと考えている人はチェックしてください。

 

冷暖房がつけっぱなしで、体が暑いとか寒いとかを感じないでいる生活を続けていると、自律神経の働きはくるってきます。必要以上に冷暖房を付け続けるのはやめ、ある程度暑さや寒さを感じられるようにしましょう。

 

運動も大切です。昼間にたっぷりと体を動かして遊んだり、スポーツをしたりしましょう。また、食事のリズムが整っていることも重要です。3食きちんととるようにしましょう。

 

何か問題があった時には、いきなり改善のための工夫を考えることはできません。原因が分かって初めて、その原因を取り除くためにはどうしたらよいかが分かるのです。その方法がわかったら、毎日コツコツと、努力し続けていけばよいのです。子どもだけでは続けられませんから、親の協力は不可欠です。子どもと共に頑張っていきましょう。