小学校卒業おめでとう。そして、憧れの中学生に成るために、一寸アドバイス


ポイント1:自分の弱点をピンポイントで学びなおすこと

既にちゃんと理解できているところを勉強していると、どうしても飽きてしまいます。
逆に、基本を理解できていないところをひとりで勉強するというのは、苦しいものです。
そこで、自分が弱い部分をちゃんと見つけ出して、そこに集中して学習することが大切になります。
そうすることで、「解けるようになった」という達成感も味わうことができます。

 

ポイント2:弱点の単元を効率よく発見し、復習すること

問題は、「自分の弱点をどうやって見つけるか?」です。
自分自身の学力を診断できるようなテストはもちろんのこと、どの単元が原因でつまずいているのかを
しっかりと判定できるような教材を選ぶのがポイントとなります。
そして、その「弱点」がどの学年の学習範囲にあったとしても、丁寧に学びなおせるような
体系的・網羅的な教材が好ましいと言えます。

 

ポイント3:繰り返しできる演習問題で本番力をつけること

定期テストや実力テストで結果を出すためには、単に「理解できた」だけでは不十分です。
どんな応用問題にも対応できるようにするのはもちろん、解答時間の配分や見直しの徹底なども
しっかりと演習問題で身に着けておくことが大切です。

 

これらのポイントを満たしてる教材・学習環境を選び、自宅での学習をしっかりと定着させていきましょう。