一寸先に目を向けて 就職面接


良い成績をとり、良い大学へ行けば、良い企業に就職できて良い人生が送れるーーー。
そんな神話は崩壊しつつあります。
既に多くの企業が学歴を重視しなくなっていますし、学生時代の成績には着目しなくなっています。
では、一体企業の人事は学生のどこを見ているのでしょうか。



就職活動で「勝つ」

もちろん、新卒の学生にとって選択肢は就職だけではありません。
自ら起業をしたり、フリーランスで活躍する20代も増えてきています。
世の中にもそうした機会は多くなってきていて、世界中どこにいてもオンラインで仕事をすることができ、組織に所属していなくても自分の名刺で勝負ができる素地ができています。
とは言え、やはり民間企業への就職が最も多い選択肢であることに変わりはありません。
では、その就職活動で「勝つ」人というのはどのような人なのでしょうか。

入社後の活躍イメージ

企業人事の立場からすると、採用するかどうかの基準は「入社後に活躍してくれるかどうか」に尽きます。
そう考えると、理系が有利とか学歴がどうとか、ボランティアの経験の有無などは実はあまり関係がありません。
採用面接に臨む採用担当者は、
「知識が豊富 → 勉強熱心 → 入社後も多くのことを吸収してくれそう」
「いろんな経験 → 行動力がある → 入社後もすぐに行動に移してくれそう」
という風に、履歴書や自己PR、適性試験の結果や面接で話される内容を、全て「入社後も…」に脳内変換しているのです。

スピード感を重視する企業では、新卒入社の社員にもスピード感を最低条件として求めるでしょう。
秩序を重んじる企業では、誠実さや規律性を最低条件として求めるはずです。
そうした「入社後にちゃんと組織でやっていけるのか」というのが、新卒採用に置いてまず最初にチェックするポイントになります。



長期的な「伸びしろ」

入社後に活躍してくれるかどうかに加えて、伸びしろがあるかどうかも重要なポイントです。
どんなに優秀で活躍してくれそうな学生でも、ここから先数年間で成長するのは難しいだろうなと感じる学生さんは、やはり採用の土台に乗ってきません。
具体的に言うと、素直さ、謙虚さ、貪欲さ、成長意欲、といったものです。
実は、ここを見極められるかどうかが企業人事としての腕の見せ所だったりします。
それだけ、採用試験や面接等の限られた接触の中で伸びしろを見出すのは、難しいことなのです。

一寸シビアなお話 お子様の不登校


不登校の原因

文部科学省が行っている「不登校に関する実態調査」によれば、不登校生が学校を休みはじめたきっかけは下記の順に多くなっています。
1.友人
2.先生
3.勉強
4.部活の友人
5.きまり

また、「不登校の継続理由」は下記の順に多くなっています。
1.友人
2.先生
3.非行
4.無気力
5.悪意なし

この結果を見て、どのように思われたでしょうか。
「思っていたのと違う」という方もいらっしゃるかもしれません。
実はこのデータは政府が学校を対象に行った調査結果ですので、生徒の実態を反映しているかどうかは疑問が残ります。
学校は積極的に「いじめ」や「先生との相性」といった問題を公にはしないものですので、どうしても曖昧な「友人」「無気力」といった選択肢に収束してしまっている可能性があります。

実際に不登校生本人に対しては、回答率が低いことからあまり大規模な調査は行われておらず、結論としては実態が見えてこないという形になっています。


今度こそちゃんと続けられるか自宅学習


まだ塾に通うには早いけども、家だけで勉強するのも難しい。
動画教材はどうしても眠くなるし、わからないことを質問できないから先に進めない。
通信教材は好きな範囲を自由に学習できないし、家庭教師…というのもちょっと…。

そんなあなたには、自宅学習を成功させる3つのポイントを是非知っておいてほしいです。





ポイント1:自分の弱点をピンポイントで学びなおすこと

既にちゃんと理解できているところを勉強していると、どうしても飽きてしまいます。
逆に、基本を理解できていないところをひとりで勉強するというのは、苦しいものです。
そこで、自分が弱い部分をちゃんと見つけ出して、そこに集中して学習することが大切になります。
そうすることで、「解けるようになった」という達成感も味わうことができます。



ポイント2:弱点の単元を効率よく発見し、復習すること

問題は、「自分の弱点をどうやって見つけるか?」です。
自分自身の学力を診断できるようなテストはもちろんのこと、どの単元が原因でつまずいているのかを
しっかりと判定できるような教材を選ぶのがポイントとなります。
そして、その「弱点」がどの学年の学習範囲にあったとしても、丁寧に学びなおせるような
体系的・網羅的な教材が好ましいと言えます。



ポイント3:繰り返しできる演習問題で本番力をつけること

定期テストや実力テストで結果を出すためには、単に「理解できた」だけでは不十分です。
どんな応用問題にも対応できるようにするのはもちろん、解答時間の配分や見直しの徹底なども
しっかりと演習問題で身に着けておくことが大切です。

中学最初のテストで80点を目指すには!


ポイントはスタートダッシュ

「中1ギャップ」を防ぐためには、最初のスタートダッシュがとても重要です。
中学校生活に自信をつけ、楽しいと思えるようになってくれば、多少友だちとうまくいかなくても、多少勉強が難しくても、ちゃんと前に進んでいけます。
けれども、最初の段階でマイナスの印象を持ってしまうと、心に余裕がなくなってしまいます。



最初のターゲットは、1学期の中間試験

スタートダッシュで特に大切なのは、最初の定期試験です。
実は、最初の試験の点数は、中学校に入ってからの勉強というよりは、小学校範囲でニガテを残してしまっていないかが大きく影響するのです。

小学校までのニガテを持ち込んでしまっている生徒は、中学校の授業にもあまりスムーズについていけません。
その結果、予習復習に多くの時間がとられてしまったり、気持ちの上での焦りが強くなってきます。
そうすると、せっかく入った部活動にも身が入らなくなってしまいます。

逆に、小学校までの範囲がしっかり理解できていると、少し予習をするくらいでも十分学校の授業についていけます。
そうすると、部活や友人と過ごす時間を十分にとることができますし、心の余裕から楽しく学校生活を送れるようになります。

この差が、どんどん大きくなってくるのです。



今からでも遅くありません

上記の理由から、焦って中学生用の参考書や問題集を買い込んで勉強を始めても、小学校範囲のニガテが残ってしまっていたら、ますます勉強が嫌になってしまうだけです。
塾に行って講義を受けたり、中学生向けの動画授業を視聴するのも同じです。

一番良い方法は、小学校範囲のニガテにさかのぼって、効率的にそれを潰していくことです。
それができれば、定期試験で8割程度の成績をとることは十分に可能なのです。
残りの2割分が1学期のうちに消化できなかったとしても、夏休みに少しがんばれば挽回可能ですから安心してください。



お勧めの教材

小学校範囲の総復習テストができる教材があれば、それを使ってニガテを見つけ出すことができるでしょう。
紙教材でもいいですが、採点の手間や苦手の見つけ出し、そこから復習箇所を探し出すことを考えたら、パソコンやタブレットで受験できるテストがお勧めです。

苦手箇所の探し出しにも、少し注意が必要です。
よく「弱点判定」「弱み分析」といった機能がついている教材がありますが、中には単に正解率の低い単元を指摘するだけのものや、合格点に満たないとひとつ前の単元に戻すだけの教材も多いです。
そうではなく、問題を間違えた際に「どの部分がちゃんと理解できていないから間違えたのか」をちゃんと分析してくれるものである必要があります。
例えば、一次方程式の問題を間違えた際に、単に一次方程式をやり直させたり、文字式に戻したりするだけの教材では意味がありません。
「単位の変換」でつまずいたのか、「分数の計算」でつまずいたのか、その理由を分析して、必要であれば小学生の学習範囲にまで戻って学習し直すことができる教材がベストです。

2020年教育改革 英語


「国語の対策」に続いて、2020年の教育大改革に向けた「数学の対策」を見てみましょう。
数学も授業内容や出題方法が大きく変わっていきますが、今からでも対策できる方法はあるのです。



数学はどう変わるか?

数学において特に重視すべきの能力については、以下のようなイメージ例が公表されています。

数学は「知識・技能・情報」を活かして「表現」することが大切。 ? 確率や統計を用いて、傾向などをとらえる力
? 類推・演繹・帰納などにより推論する力
? 事象を数学的にとらえ、論理的に思考する力
? 事象から本質を見出し、抽象化したり一般化したりする力
? 仮説を立て、検証する力
? 必要な情報を選択し、それを問題の解決に活用する力
? 数学的に解釈し表現する力
? データをとる力



今までの「数学」だけを学習していたのでは通用しない、と言うことが良くわかると思います。
まずは「数学」を学習する際に「なぜそうなるのか」といった概念をしっかりと理解し、それをあらゆる分野で応用・活用できるようにならなければなりません。



数学の対策法

まずは授業やレクチャーなどを受ける段階で、学習単元の概念をひとつずつ丁寧に理解していく必要があります。
当たり前のことかもしれませんが、それをひとつひとつ着実に積み上げていくことこそが、これからは大事になります。
小手先の解法テクニックでは、なかなか点数が取れなくなるからです。
そのためにも、スモールステップでひとつひとつ学年を積み上げられるような授業、教材を選ぶ必要があるでしょう。

また、理解した概念は適切にそれを使いこなし、またあらゆる分野で応用できるようにする必要があります。
その力を身につけるには、ドリルやテストを使って活用力を養い、必要に応じて再び概念の解説に戻って「理解できていない部分」の穴を埋めていく学習の方法が適しています。

それだけではなく、議論したり学び合ったりするような場で実際にデータを集め、それを分析し、自分たちなりの結論を見出し、それを説得力を持ってプレゼンテーションする、といった実践を積むことも有効です。
私立学校を中心に、学校でもそのような研究経験に時間を使うようになってきました。
ですが、公立校や学習塾などではまだ対策が取れていないところも多いですし、通信教育や動画配信での学習ではそのような機会を得ることはできません。

少し早いですが、将来を見据えた話




入社後の活躍イメージ

企業人事の立場からすると、採用するかどうかの基準は「入社後に活躍してくれるかどうか」に尽きます。
そう考えると、理系が有利とか学歴がどうとか、ボランティアの経験の有無などは実はあまり関係がありません。
採用面接に臨む採用担当者は、
「知識が豊富 → 勉強熱心 → 入社後も多くのことを吸収してくれそう」
「いろんな経験 → 行動力がある → 入社後もすぐに行動に移してくれそう」
という風に、履歴書や自己PR、適性試験の結果や面接で話される内容を、全て「入社後も…」に脳内変換しているのです。

スピード感を重視する企業では、新卒入社の社員にもスピード感を最低条件として求めるでしょう。
秩序を重んじる企業では、誠実さや規律性を最低条件として求めるはずです。
そうした「入社後にちゃんと組織でやっていけるのか」というのが、新卒採用に置いてまず最初にチェックするポイントになります。



長期的な「伸びしろ」

入社後に活躍してくれるかどうかに加えて、伸びしろがあるかどうかも重要なポイントです。
どんなに優秀で活躍してくれそうな学生でも、ここから先数年間で成長するのは難しいだろうなと感じる学生さんは、やはり採用の土台に乗ってきません。
具体的に言うと、素直さ、謙虚さ、貪欲さ、成長意欲、といったものです。
実は、ここを見極められるかどうかが企業人事としての腕の見せ所だったりします。
それだけ、採用試験や面接等の限られた接触の中で伸びしろを見出すのは、難しいことなのです。

プラスαの「違い」

少し欲を出す企業人事は、それらの最低条件に加えて「組織に何を持ち込んでくれるか」という点でも学生を見ています。
「最近組織が硬直化している → 元気でフレッシュな風を持ち込んでほしい」
「組織を拡大化していきたい → 斬新な発想と行動力を持ち込んでほしい」
といった感じです。
新卒の学生に知識や経験を問うケースは少ないですが、語学力やプログラミング力、統計分析等の分野は昨今手が出るほど欲しい能力となっていますので、そうした分野ではありうるかもしれません。

これらはあくまでも、前述の最低条件をクリアした上での視点です。
最低条件の段階でグッと来ない学生は、いくらこのプラスαを持っていても「難しいな」という判断になってしまいます。

「別枠」という採用

ごくたまに、企業人事は「別枠」採用を検討する場合があります。
それは、最低条件はクリアできていないけれども、思い切って採用するだけの何か魅力がある学生に出会った時です。
例えば、
「対人能力は高くなさそうだが、スバ抜けた洞察力と専門知識がある」
「ビジネスマナーはなっていないが、常識に囚われない特異な発想ができる」
といた場合です。
こうした「別枠」採用は、企業にとってある意味「賭け」です。
採用したもの全く活躍しなかったり、逆に組織に混乱と手間をもたらすかもしれないというリスクを負って、「大化け」する可能性に駆けるのです。
これは、ある程度事業業績に余裕があったり、組織体制が安定化している大手企業に多くみられる傾向です。







新しいスタートに向けて新中1年生


中学校生活を楽しめるかどうかは、入学直後の過ごし方が大きく影響します。
「中1ギャップ」という言葉がありますが、スタートから正しい学習スタイルを身につけておかなければ、どんどん授業のスピードから遅れていってしまいます。
また、環境も大きく変わる中で、うまく生活サイクルに慣れていくことも大切です。
今回は大人気の現役塾講師に、中学入学直後に親が気をつけるべき点についてアドバイスをいただきました。





中学入学直後に親が気をつけるべきポイント

卒業式、入学式、部活動への入部と、中学への入学直後は生活の環境が激変します。
部活で毎日ヘトヘトになって帰宅する生活が始まります。

それでも、毎日1時間程度は机に向かう習慣を最初に定着させることがとても重要です。
規則正しい生活リズムを定着させ、その中に勉強の時間も必ず入れて、毎日2から3単元程度は学習を進めるようにしていくことをお勧めいたします。

そして、最初の定期テストでは、結果よりもテストまでの準備のプロセスを評価の対象としていただき、次回の定期テストに向けてどのように改善していくのかをお子様に考えさえて、保護者様は適切なアドバイスを伝えるサポート役に徹しましょう。


高校初めての試験で80点取る方法


高校受験をした人は、入学とともに気が緩んでしまいがちです。
また、中高一貫校の人は、受験がなかった分一般受験をした人よりもペースが遅れがちで、大学受験への準備も遅れてしまう傾向にあります。
高校生活を楽しいものにするために、そして大学受験に向けた準備もスムーズに開始するために、高1の春には何をしておく必要があるのでしょうか。





ポイントはスタートダッシュ

高校生活のスムーズはスタートダッシュを切るためには、最初が肝心です。
自信をつけ、学校が楽しいと思えるようになってくれば、多少友だちとうまくいかなくても、多少勉強が難しくても、ちゃんと前に進んでいけます。
けれども、最初の段階でマイナスの印象を持ってしまうと、心に余裕がなくなってしまいます。



最初のターゲットは、1学期の中間試験

スタートダッシュで特に大切なのは、最初の定期試験です。
実は、最初の試験の点数は、高校に入ってからの勉強というよりは、中学範囲でニガテを残してしまっていないかが大きく影響するのです。

中学までのニガテを持ち込んでしまっている生徒は、高校の授業にもあまりスムーズについていけません。
その結果、予習復習に多くの時間がとられてしまったり、気持ちの上での焦りが強くなってきます。
そうすると、せっかく入った部活動にも身が入らなくなってしまいます。

逆に、中学までの範囲がしっかり理解できていると、少し予習をするくらいでも十分学校の授業についていけます。
そうすると、部活や友人と過ごす時間を十分にとることができますし、心の余裕から楽しく学校生活を送れるようになります。

この差が、どんどん大きくなってくるのです。


部活と勉強の両立について


ポイントは「いつでも学習できること」

部活に打ち込むことも学生生活ではすごく大切なことです。
ただ、部活が忙しくなると勉強の時間が取れないことも事実です。

そうした場合には、eラーニング教材を使うことで生活のリズムに合わせていつでも学習できるようにしましょう。
時間を有効に使って、部活も勉強も両立させることが可能になります。

多くのeラーニング教材は自宅のパソコンやタブレットで学ぶことができますので、いつでも好きな時に学習ができます。
夕食前の空き時間に30分、寝る前には1時間、といった使い方ができるので、スケジュールに合わせて活用することができます。

でも、教材を選ぶ際には、もうひとつ注意しなければならない点があります。

いくら好きな時間に学習できるからと言っても、塾や学校と違って自分ひとりで勉強を進めなければならない場合には、
「丁寧に考え方を理解できるようなレクチャー」
「いざという時には相談できる人がいる」
「やる気が続くような仕組みがある」
といった条件がなければ、学習を続けることが難しくなります。

逆に言えば、そうした教材を使って自分ひとりで勉強を進められるようになれば、クラブの長期遠征や合宿などで授業が抜けても大丈夫ですね。

家庭学習がうまくいかないあなたへ


Point.1
わかりやすく自然と内容が頭に入ってくる教材を使う

「わかった!」を引き出すのが上手な先生の授業には、実は共通項があります。
それは、生徒の理解度に合わせて、適切なスピードで教えてくれるという点です。
自分が理解している部分を丁寧に説明されても飽きてしまいますし、理解していない部分を早く進まれてしまうとついていけなくなります。

こうしたポイントを再現している教材を利用するのが一番です。
参考書や問題集を利用する場合には、自分の理解度にピッタリ合っているものを選ぶようにしましょう。
デジタル教材を利用する場合には、一律のスピードで進む動画形式のものではなく、細かくレベルを調整することができるような双方向性のあるものを選ぶと良いでしょう。



Point.2
ゲームのように勉強できる仕組みを作る

「わかる楽しさ」「やった自信」「できる喜び」に行きつく前にダウンしてしまっては、元も子もありません。
ですから、まずはゲーム感覚で楽しめる仕組みを作るというのもポイントとなります。

例えば、「1週間毎日勉強したらケーキを食べてもいい」というルールを設けるとか、「友達と勉強時間を競い合う」という仕組みを作るといった工夫ができます。
また、教材やノートを選ぶ際にも、自分が見やすいレイアウトだったり好きな色、キャラクターを使ったものにすれば、机に向かうのが楽しみになるかもしれません。

最近はスマホのアプリやWeb上でゲーム感覚で学べる教材も種類が増えてきています。
このようなものを活用して、まずはゲームのように勉強に触れていくというのも良いでしょう。



Point.3
「答えがすぐにわかる」ように勉強する

通信講座や模擬試験の採点結果が返ってきた際に、「丁寧な解説が送られてきたんだけど、問題そのものをよく覚えていない」という経験をしたことはありませんか?
実は、理解度が最も高まるのは問題を解いた直後なのです。
正解していれば「これでいいんだな」と確信が持てますし、間違っていれば「なんでだろう、どうやって解けばいいんだろう」という疑問をすぐに解消できます。
でも、時間が経ってしまうとその確信や解消の度合いがどんどん薄まっていってしまいます。

問題集を解く際は、問題を解いた後にすぐ答え合わせをして解説を確認し、理解に不安があるようであれば参考書や教科書を見直すというスタイルを徹底するようにしましょう。
通信講座などは、その場ですぐに解答を確認できるタイプのものを選択すると良いでしょう。
デジタル教材の場合は瞬時に採点と回答が表示されるのが一般的ですが、その中でも「解説が詳しいもの」や「該当するレクチャー部分にすぐ戻れる」タイプのものは学習効率が上がります。