2020年教育改革


そもそも、なぜ文部科学省は教育の大改革を行おうとしているのでしょうか。
それには様々な背景がありますが、その中の主なものをここでご紹介しておきたいと思います。
背景を目的を知ることで、「教育の2020年問題」がどのような意味を持ち、どう進んでいくのかが見えてくるかと思います。



背景1:多様な夢や目標を実現させるため

現状の学校教育や入試問題は、知識の暗記や再現に偏りがちで、思考や判断を必要とする機会が十分にあるとは言えない状況です。
そのため、主体性を持って多様な人々と協調する態度など、真の「学力」を十分に身につけられないままに社会へ出ていくことになってしまっていることが、大きな課題であると言われています。
そこで、社会に出てから自分の夢や目標を実現するために必要な能力を高等学校教育や大学教育において身につけられるようにしよう、というのが、この改革の1番目の大きな目的です。