一寸先に目を向けて 就職面接


良い成績をとり、良い大学へ行けば、良い企業に就職できて良い人生が送れるーーー。
そんな神話は崩壊しつつあります。
既に多くの企業が学歴を重視しなくなっていますし、学生時代の成績には着目しなくなっています。
では、一体企業の人事は学生のどこを見ているのでしょうか。



就職活動で「勝つ」

もちろん、新卒の学生にとって選択肢は就職だけではありません。
自ら起業をしたり、フリーランスで活躍する20代も増えてきています。
世の中にもそうした機会は多くなってきていて、世界中どこにいてもオンラインで仕事をすることができ、組織に所属していなくても自分の名刺で勝負ができる素地ができています。
とは言え、やはり民間企業への就職が最も多い選択肢であることに変わりはありません。
では、その就職活動で「勝つ」人というのはどのような人なのでしょうか。

入社後の活躍イメージ

企業人事の立場からすると、採用するかどうかの基準は「入社後に活躍してくれるかどうか」に尽きます。
そう考えると、理系が有利とか学歴がどうとか、ボランティアの経験の有無などは実はあまり関係がありません。
採用面接に臨む採用担当者は、
「知識が豊富 → 勉強熱心 → 入社後も多くのことを吸収してくれそう」
「いろんな経験 → 行動力がある → 入社後もすぐに行動に移してくれそう」
という風に、履歴書や自己PR、適性試験の結果や面接で話される内容を、全て「入社後も…」に脳内変換しているのです。

スピード感を重視する企業では、新卒入社の社員にもスピード感を最低条件として求めるでしょう。
秩序を重んじる企業では、誠実さや規律性を最低条件として求めるはずです。
そうした「入社後にちゃんと組織でやっていけるのか」というのが、新卒採用に置いてまず最初にチェックするポイントになります。



長期的な「伸びしろ」

入社後に活躍してくれるかどうかに加えて、伸びしろがあるかどうかも重要なポイントです。
どんなに優秀で活躍してくれそうな学生でも、ここから先数年間で成長するのは難しいだろうなと感じる学生さんは、やはり採用の土台に乗ってきません。
具体的に言うと、素直さ、謙虚さ、貪欲さ、成長意欲、といったものです。
実は、ここを見極められるかどうかが企業人事としての腕の見せ所だったりします。
それだけ、採用試験や面接等の限られた接触の中で伸びしろを見出すのは、難しいことなのです。