一寸気が緩んだ中2がするとよいこと


中2の内申点は高校受験にとって重要

高校受験時、中2の内申点を加味する学校は、47都道府県のうちなんと40都道府県もあるのです!
受験に向けた対策も大事ですが、中2の春だったらまずは「内申点対策」が重要です。

一方で、中2と言えば部活の中心メンバー。
後輩も入ってきて、先輩も引退に向かっていく中で、とても忙しくなってくると思います。
ですから、やみくもに授業を受けたり片っ端から問題集を解くといった「とにかくやる!」という勉強よりも、効率的に学べる方法を見つけることがポイントになります。



春の学習ポイント

新学年に入るこの時期には、次のような点に重きを置いて学習することをお勧めします。

国語 3月中は漢字の総復習、そして既習単元をテストやドリルを用いて総復習をしておき、新学年からは次の単元の学習を進めましょう。
まずは主語、述語、修飾語を文の中でおさえられるようにしましょう。
これがクリアできたら、指示語や接続語をつかむ練習をし、論理的に文章を読むクセをつけていきましょう。
定期テストが近づきましたら、学校のワークを繰り返すなど、初めての定期テスト対策をどのように進めるのか、しっかりと計画を立てて学習を進めましょう。
数学 3月中は学力診断テストを受けて苦手単元の復習をします。
2年生の1学期に学習する文字式、連立方程式の基礎となる、1年生の計算問題は不安がないようにしておきましょう。
4月からは復習が終わり次第、定期テストから逆算して毎日の学習量を決めて毎日コツコツと単元学習を進めることで、定期テストまでに余裕を持って準備を勧めましょう。
英語 3月中は学力診断テストを受けて苦手判定が出た単元を復習し、新学期からは教科書に沿ってできるだけ先取りで予習をしておくことをお勧めします。
学校の授業を受けてもまだ理解に不安があるときは繰り返しレクチャーとドリルで復習をしましょう。
定期テスト前には、テスト形式の問題を解くことで実戦形式の練習を繰り返すことも大切ですね。