家で勉強するのが苦手なあなたへ


「答えがすぐにわかる」ように勉強する

通信講座や模擬試験の採点結果が返ってきた際に、「丁寧な解説が送られてきたんだけど、問題そのものをよく覚えていない」という経験をしたことはありませんか?
実は、理解度が最も高まるのは問題を解いた直後なのです。
正解していれば「これでいいんだな」と確信が持てますし、間違っていれば「なんでだろう、どうやって解けばいいんだろう」という疑問をすぐに解消できます。
でも、時間が経ってしまうとその確信や解消の度合いがどんどん薄まっていってしまいます。

問題集を解く際は、問題を解いた後にすぐ答え合わせをして解説を確認し、理解に不安があるようであれば参考書や教科書を見直すというスタイルを徹底するようにしましょう。
通信講座などは、その場ですぐに解答を確認できるタイプのものを選択すると良いでしょう。
デジタル教材の場合は瞬時に採点と回答が表示されるのが一般的ですが、その中でも「解説が詳しいもの」や「該当するレクチャー部分にすぐ戻れる」タイプのものは学習効率が上がります。