就職を考えている皆さんへ


「別枠」という採用

ごくたまに、企業人事は「別枠」採用を検討する場合があります。
それは、最低条件はクリアできていないけれども、思い切って採用するだけの何か魅力がある学生に出会った時です。
例えば、
「対人能力は高くなさそうだが、スバ抜けた洞察力と専門知識がある」
「ビジネスマナーはなっていないが、常識に囚われない特異な発想ができる」
といた場合です。
こうした「別枠」採用は、企業にとってある意味「賭け」です。
採用したもの全く活躍しなかったり、逆に組織に混乱と手間をもたらすかもしれないというリスクを負って、「大化け」する可能性に駆けるのです。
これは、ある程度事業業績に余裕があったり、組織体制が安定化している大手企業に多くみられる傾向です。