塾長の夏休みその2


京都へ、日ごろの感謝を込めて、主人と貴船神社の川床料理を満喫してきました。

初体験 川床料理

本当に、川の上にお座敷が出来ていました。

名古屋は蒸し暑いのに、ここは新緑の中の別世界。

でも、お肉大好きな主人は、お魚料理ばかりに、一寸ため息が・・・

私は、もう大満足!

塾長の夏休み その1


8月10日から15日まで、お休みを頂き、リフレッシュしてきました。
10日11日は鳥羽に行きました。
オーシャンビューの素敵なホテルでしたが、海へは行かなくて、一寸リッチにエステを堪能。
しかし!ほぼ寝て終わりました。はははは・・・・

夜はフランス料理
アワビに松阪牛ステーキ   幸せ

ホテル内には、沢山の芸術作品がありましたが、「ごめんなさい」良さが全く分からなく・・・

2日目は、鳥羽のはずれの女性の神様へ参拝
ここは、女性の願いを1つだけ、叶えてくれる

少し前ですが、マラソンの野口みずきさんも参拝され「アテネオリンピックで優勝」
を願い、叶ったと言われております。

小学校最後の夏を迎えて


放っておくと、遊ぶことばっかり。
通信教材もなかなか続かないし、机に向かって勉強する習慣もつかない。
そんなお子さんの「学習が続くポイント」は、教材選びにあります!
中学生になってから苦労しないためにも、小6の夏は自ら勉強する習慣を身につける機会にしたいですよね。





学習が続く!教材選び

小6にもなると、お子さんにも教材へのこだわりが出てきているかと思います。
ですので、教材選びのひとつ目のポイントは、お子さん自身が親しめて楽しく学べる教材を選ぶことです。
お子さんが好きなノートや文房具を揃えるのと同時に、
お子さんが教材の「世界」に入り込める教材を選ぶと良いでしょう。
eラーニングなどは、無料体験ができるものや一定期間無料でトライアルできるものもあるので、
ネットで調べてみるのをお勧めします。
お子さんが気に入って「これなら勉強できる!」と実感できることが、最も大切になります。

ふたつ目のポイントは、わかりやすい教材を選ぶことです。
どんなに楽しいものでも、お子さんにとって難しすぎるものや解説の少ないもの、
一歩的な授業だけで終わってしまうような動画タイプのものは、どうしても勉強が続かないものです。
丁寧な解説でお子さんの理解レベルに合わせて学習できるような教材を選ぶことが、ポイントとなります。



夏の学習で押さえておくべきポイント

算数のポイント

一学期で学習する計算、グラフ、図形とも、これまでよりも難しく中学の土台となる内容でした。
夏にこれらの単元をしっかりと復習すると、二学期以降の学習もスムーズです。
一学期のまとめのテストでミスをしてしまったところは、教科書や参考書の解説、ドリルや問題集で復習しておきましょう。

国語のポイント

夏は「一文の読み方」、「文章の読み方」をじっくりと進めるチャンスです。
保護者の方や塾の先生と一緒に学習計画を立てて、どの日にどのくらいの単元数を勉強していくのか確認してから進めましょう。
順調に進んだ人は、より実戦的な演習問題に取り組めるといいですね。