今度こそちゃんと続けられる?中1の学習


まだ塾に通うには早いけども、家だけで勉強するのも難しい。
動画教材はどうしても眠くなるし、わからないことを質問できないから先に進めない。
通信教材は好きな範囲を自由に学習できないし、家庭教師…というのもちょっと…。

そんなあなたには、自宅学習を成功させる3つのポイントを是非知っておいてほしいです。





ポイント1:自分の弱点をピンポイントで学びなおすこと

既にちゃんと理解できているところを勉強していると、どうしても飽きてしまいます。
逆に、基本を理解できていないところをひとりで勉強するというのは、苦しいものです。
そこで、自分が弱い部分をちゃんと見つけ出して、そこに集中して学習することが大切になります。
そうすることで、「解けるようになった」という達成感も味わうことができます。

家で勉強するのが苦手なあなたへ


家で勉強する習慣がなかなか身につかない。でも、塾に行くのはちょっと…。
そんなタイプの課題を解決する方法は?



ポイントは「分かること」と「楽しいこと」

学校の成績を上げるために最も重要なことは、家で勉強する習慣をつけることです。
たとえどんなにお金をかけて塾に行っても、個別指導を受けても、家で自分で勉強する習慣がないと効果が出ません。
では、家で勉強する習慣をつけるには、どうしたら良いのでしょうか。

そのポイントは、「わかった!」という実感を持てることと、勉強を「楽しい!」と思えることです。
勉強する楽しさは、わかるようになる楽しさでもあり、がんばった自分への自信を積み重ねる楽しさでもあり、できるようになっていく自分への喜びでもあります。
こうした楽しさを少しでも感じられるようになれば、習慣が身につくどころか、勉強に熱中してしまうことだってあります。

実際、自宅での学習をサポートしていると、食べる時間や寝る時間を惜しんでまで勉強している生徒も少なくありません。
そういう生徒は、当たり前ですがどんどん成績を伸ばしてきます。

勉強を楽しめるという段階まで進むためには、いくつかのポイントがあります。



Point.1
わかりやすく自然と内容が頭に入ってくる教材を使う

「わかった!」を引き出すのが上手な先生の授業には、実は共通項があります。
それは、生徒の理解度に合わせて、適切なスピードで教えてくれるという点です。
自分が理解している部分を丁寧に説明されても飽きてしまいますし、理解していない部分を早く進まれてしまうとついていけなくなります。

こうしたポイントを再現している教材を利用するのが一番です。
参考書や問題集を利用する場合には、自分の理解度にピッタリ合っているものを選ぶようにしましょう。
デジタル教材を利用する場合には、一律のスピードで進む動画形式のものではなく、細かくレベルを調整することができるような双方向性のあるものを選ぶと良いでしょう。



Point.2
ゲームのように勉強できる仕組みを作る

「わかる楽しさ」「やった自信」「できる喜び」に行きつく前にダウンしてしまっては、元も子もありません。
ですから、まずはゲーム感覚で楽しめる仕組みを作るというのもポイントとなります。

例えば、「1週間毎日勉強したらケーキを食べてもいい」というルールを設けるとか、「友達と勉強時間を競い合う」という仕組みを作るといった工夫ができます。
また、教材やノートを選ぶ際にも、自分が見やすいレイアウトだったり好きな色、キャラクターを使ったものにすれば、机に向かうのが楽しみになるかもしれません。

中学最初のテストで80点を目指すには!


ポイントはスタートダッシュ

「中1ギャップ」を防ぐためには、最初のスタートダッシュがとても重要です。
中学校生活に自信をつけ、楽しいと思えるようになってくれば、多少友だちとうまくいかなくても、多少勉強が難しくても、ちゃんと前に進んでいけます。
けれども、最初の段階でマイナスの印象を持ってしまうと、心に余裕がなくなってしまいます。



最初のターゲットは、1学期の中間試験

スタートダッシュで特に大切なのは、最初の定期試験です。
実は、最初の試験の点数は、中学校に入ってからの勉強というよりは、小学校範囲でニガテを残してしまっていないかが大きく影響するのです。

小学校までのニガテを持ち込んでしまっている生徒は、中学校の授業にもあまりスムーズについていけません。
その結果、予習復習に多くの時間がとられてしまったり、気持ちの上での焦りが強くなってきます。
そうすると、せっかく入った部活動にも身が入らなくなってしまいます。

逆に、小学校までの範囲がしっかり理解できていると、少し予習をするくらいでも十分学校の授業についていけます。
そうすると、部活や友人と過ごす時間を十分にとることができますし、心の余裕から楽しく学校生活を送れるようになります。

この差が、どんどん大きくなってくるのです。



今からでも遅くありません

上記の理由から、焦って中学生用の参考書や問題集を買い込んで勉強を始めても、小学校範囲のニガテが残ってしまっていたら、ますます勉強が嫌になってしまうだけです。
塾に行って講義を受けたり、中学生向けの動画授業を視聴するのも同じです。

一番良い方法は、小学校範囲のニガテにさかのぼって、効率的にそれを潰していくことです。
それができれば、定期試験で8割程度の成績をとることは十分に可能なのです。
残りの2割分が1学期のうちに消化できなかったとしても、夏休みに少しがんばれば挽回可能ですから安心してください。



お勧めの教材

小学校範囲の総復習テストができる教材があれば、それを使ってニガテを見つけ出すことができるでしょう。
紙教材でもいいですが、採点の手間や苦手の見つけ出し、そこから復習箇所を探し出すことを考えたら、パソコンやタブレットで受験できるテストがお勧めです。

苦手箇所の探し出しにも、少し注意が必要です。
よく「弱点判定」「弱み分析」といった機能がついている教材がありますが、中には単に正解率の低い単元を指摘するだけのものや、合格点に満たないとひとつ前の単元に戻すだけの教材も多いです。
そうではなく、問題を間違えた際に「どの部分がちゃんと理解できていないから間違えたのか」をちゃんと分析してくれるものである必要があります。
例えば、一次方程式の問題を間違えた際に、単に一次方程式をやり直させたり、文字式に戻したりするだけの教材では意味がありません。
「単位の変換」でつまずいたのか、「分数の計算」でつまずいたのか、その理由を分析して、必要であれば小学生の学習範囲にまで戻って学習し直すことができる教材がベストです。

t家庭学習がちょっと苦手なあなたへ


ポイントは「分かること」と「楽しいこと」

学校の成績を上げるために最も重要なことは、家で勉強する習慣をつけることです。
たとえどんなにお金をかけて塾に行っても、個別指導を受けても、家で自分で勉強する習慣がないと効果が出ません。
では、家で勉強する習慣をつけるには、どうしたら良いのでしょうか。

そのポイントは、「わかった!」という実感を持てることと、勉強を「楽しい!」と思えることです。
勉強する楽しさは、わかるようになる楽しさでもあり、がんばった自分への自信を積み重ねる楽しさでもあり、できるようになっていく自分への喜びでもあります。
こうした楽しさを少しでも感じられるようになれば、習慣が身につくどころか、勉強に熱中してしまうことだってあります。

実際、自宅での学習をサポートしていると、食べる時間や寝る時間を惜しんでまで勉強している生徒も少なくありません。
そういう生徒は、当たり前ですがどんどん成績を伸ばしてきます。

勉強を楽しめるという段階まで進むためには、いくつかのポイントがあります。



Point.1
わかりやすく自然と内容が頭に入ってくる教材を使う

「わかった!」を引き出すのが上手な先生の授業には、実は共通項があります。
それは、生徒の理解度に合わせて、適切なスピードで教えてくれるという点です。
自分が理解している部分を丁寧に説明されても飽きてしまいますし、理解していない部分を早く進まれてしまうとついていけなくなります。

こうしたポイントを再現している教材を利用するのが一番です。
参考書や問題集を利用する場合には、自分の理解度にピッタリ合っているものを選ぶようにしましょう。
デジタル教材を利用する場合には、一律のスピードで進む動画形式のものではなく、細かくレベルを調整することができるような双方向性のあるものを選ぶと良いでしょう。

自宅での学習を成功させるコツ


部活も忙しいから、まだ塾には通うつもりはない。
でも、通信教育は好きな範囲を学習できないし、動画式の教材は眠くなるし、わからないところは先生に質問したりしたい。
そんな「自宅での学習」に関する悩みを解決する方法は?





自宅学習を成功させる3つのポイント

自宅で自立的に学習しようと思ったら、下記の3点を満たす教材を選ぶことが大事です。
?自分の弱点をピンポイントで指摘してくれる
?弱点である単元を効率よく復習することができる
?演習問題を繰り返すことができる

これらは、紙教材ではなかなか満たすのが難しいですから、デジタル教材が良いでしょう。
特にポイントとなるのが、「見るだけ」「読むだけ」の受動的な教材ではなく、「問題を解き、弱点を教えてもらい、復習する」というサイクルをちゃんと回せるような自立的な教材を選ぶということです。

それに加えて、そもそも勉強が楽しくないと自宅での学習は苦痛になってしまい、続きません。
ですから、
?ゲーム要素もあって楽しく取り組める
?解説が細かくてわかりやすい
?自分に合った難易度の問題に取り組める

といった要素も含まれた教材であれば、なお良いでしょう。

意外な場所が勉強に向いている。


TOGGLE NAVIGATION
勉強の効率は「場所」で決まる! 集中できるスポット ベスト5
Home / 目的別学習ポイント / 受験対策 / 勉強の効率は「場所」で決まる! 集中できるスポット ベスト5
637e6eba5503e32971cd1dd96806c490_l
勉強の効率は「場所」で決まる! 集中できるスポット ベスト5

勉強をするのに、「場所」というのはとても大切です。
自分が集中できる場所、前向きな気持ちを維持できる場所を知っておくことで、勉強の成果を高めることもできます。
一般的に、どのような場所が勉強に向いているのでしょうか。


第5位 カラオケ

「カラ勉」が流行り始めていますが、適度に聞こえてくる音楽や雑音が集中力を高めるという話をよく聞きます。
また、個室になっていますし、電話ひとつで食べ物や飲み物もオーダーできますから、「今日は1日誰にも邪魔されずに勉強するぞ!」という時には良いでしょう。
勉強カフェやレンタルオフィスとは違って、友人と一緒に勉強することもできますし、息抜きに歌ったり騒いだりすることだってできちゃいます。



第4位 図書館

勉強する場所と言えば、やはり図書館が定番です。
何より無料で利用できますし、調べたいものがあればすぐに本を探すことができます。
第5位のカラオケと違ってとても静かですから、静かな環境で集中できると言う人にはお勧めですね。
閉館時間が決まっていますので、ダラダラせずに時間に追われながら緊張感を保つこともできます。



第3位 自宅

自分の部屋、もしくはリビングでの勉強は、何より必要なものが揃っているという点で魅力的です。
あれこれとノートや参考書を持ち歩くことなくすぐに勉強に取り掛かれますし、服装や音楽なども自分の好きなものを選べます。
ただし、何かと誘惑も多いですから、スマホのアプリを使って脱線しない工夫をすると良いでしょう。

(おすすめアプリ)
Study Plus
https://itunes.apple.com/jp/app/studyplus-mian-qiang-guan/id505410049?mt=8



第2位 ファミレス

適度なざわざわ感の中にいると集中できるという人からは、やはりファミレスが支持されています。
ドリンクバーがあるところを選べば、好きな飲み物を好きなだけ飲みながら勉強できます。
友だち同士で質問や相談をしあいながら勉強するのもいいですし、ひとりで集中して勉強するのにもいいですね。
24時間営業のところがほとんどですから、時間を気にせずいつでも勉強できると言うのも魅力です。
ただし、待っているお客さんがいたり店員さんから注意を受けた場合には、速やかに場所を変えるようにしましょう。



集中できるスポット 第1位 カフェ・ファーストフード店

一番人気は、やはりカフェやファーストフード店です。
同じように勉強している人も多いですから、ライバルがいるような感じで緊張感を保てるのがいいですね。
ファミレスと同じように、適度なざわざわ感も集中できるポイントでしょう。
勉強だけではなく、読書にも向いていると言われるカフェ。
居心地の良さを追求しているだけあって、集中できる環境として絶大な人気があるのにもうなづけます。

中2のこの冬の勉強法


中学2年生の「冬勉」には、何が大切か

中学3年生の受験や合否の話も耳に入り出して、そろそろ自分もどうにかしなくちゃ!と焦り出す時期ですね。
でも、いったい何から手をつけたらいいのかわからない、という人も多いのでは。
「予習復習」「定期試験対策」「受験勉強」…、どれも同じように見えて勉強の切り口が違い、戸惑うこともあると思います。

そんなときには、「内申点対策」からはじめるのがお勧めです。
「内申点」というのは、通知表の数字を点数化したものです。
推薦入学で使用されることで有名ですが、高校入試は50~70%は試験当日の結果で、30~50%は内申点によって合否が決まると言われています。
内申点は、2016年1月現在、47都道府県のうち40都道府県で中学2年生の成績までを含めるようになっています。

内申点対策は、この内申点を上げていくのはもちろんのこと、受験本番への対策にも直結します。
ですから、中学2年生の冬は次の定期テストの点数を上げることに集中して対策を打つのが、最も効率的です。

 

冬勉のポイント 数学「連立方程式」「一次関数は」高校入試でも必ず出題される重要単元です。ドリルを何度も繰り返して完全に定着させておきましょう。図形が苦手な人は、小学校範囲からまとめてやり直すと効率的です。英語「時制」「不定詞」「動名詞」は完全に理解しておきたい単元です。少しでも不安がある場合は、最初からきちんと受講しなおすことが完全理解への近道となります。国語説明文の読解を2学期のテーマにしましょう。論理的に文章を読む練習を重ねることで、1年後の高校入試で武器になる読解力が身につきます。

憧れの勉強場所…意外!


集中できるスポット 第1位 カフェ・ファーストフード店

一番人気は、やはりカフェやファーストフード店です。
同じように勉強している人も多いですから、ライバルがいるような感じで緊張感を保てるのがいいですね。
ファミレスと同じように、適度なざわざわ感も集中できるポイントでしょう。
勉強だけではなく、読書にも向いていると言われるカフェ。
居心地の良さを追求しているだけあって、集中できる環境として絶大な人気があるのにもうなづけます。

 

あなたのお気に入りの場所はどこですか?

今度こそちゃんと続けられる!自宅学習のポイント


まだ塾に通うには早いけども、家だけで勉強するのも難しい。
動画教材はどうしても眠くなるし、わからないことを質問できないから先に進めない。
通信教材は好きな範囲を自由に学習できないし、家庭教師…というのもちょっと…。

そんなあなたには、自宅学習を成功させる3つのポイントを是非知っておいてほしいです。

 

ポイント1:自分の弱点をピンポイントで学びなおすこと

既にちゃんと理解できているところを勉強していると、どうしても飽きてしまいます。
逆に、基本を理解できていないところをひとりで勉強するというのは、苦しいものです。
そこで、自分が弱い部分をちゃんと見つけ出して、そこに集中して学習することが大切になります。
そうすることで、「解けるようになった」という達成感も味わうことができます。

 

ポイント2:弱点の単元を効率よく発見し、復習すること

問題は、「自分の弱点をどうやって見つけるか?」です。
自分自身の学力を診断できるようなテストはもちろんのこと、どの単元が原因でつまずいているのかを
しっかりと判定できるような教材を選ぶのがポイントとなります。
そして、その「弱点」がどの学年の学習範囲にあったとしても、丁寧に学びなおせるような
体系的・網羅的な教材が好ましいと言えます。

 

ポイント3:繰り返しできる演習問題で本番力をつけること

定期テストや実力テストで結果を出すためには、単に「理解できた」だけでは不十分です。
どんな応用問題にも対応できるようにするのはもちろん、解答時間の配分や見直しの徹底なども
しっかりと演習問題で身に着けておくことが大切です。

 

これらのポイントを満たしてる教材・学習環境を選び、自宅での学習をしっかりと定着させていきましょう。