子どもとメンタルとは


小学生5年生の男の子を持つママさんから、こんなお悩みが寄せられました。

習い事でサッカーをしているのですが、コーチに何か注意されたらへこんですぐに辞めたいという。試合中に仲間から、「何で今シュート打たないんだよ!」などと言われると試合中に泣いてしまう。学校でも、すこしからかわれただけで泣いてしまう。先生に怒られただけで泣いてしまう。

とにかくメンタル面が弱く、どうにかして鍛えたいと考えておられるとのことです。
どうすればメンタル力は鍛えられるでしょうか? そもそも鍛えられるものなのでしょうか? 先輩ママから寄せられたアドバイスをまとめてみました。

■鍛えるというより認める。自己肯定力がカギ

メンタルを強くするというと厳しく指導をするのかと想像してしまいますが、実は自分に自信を持つことで育っていくもの。自分で経験すること、親に認められていると感じることが重要です。

私の大好きなマザーテレサをご紹介



マザー・テレサ(1910年~1997年)

現在のマケドニアのスコピエに生まれ、神の愛の宣教者会の創立者。カトリック教会の聖人。

・マザー・テレサの英語の名言へ



幼少の頃から聡明で地理が好きだった。1946年、汽車に乗車中に「全てを捨て、最も貧しい人の間で働くように」という啓示を受け、神の愛の宣教者会を設立。飢えた人、裸の人、家のない人、体の不自由な人、病気の人、必要とされることのないすべての人、愛されていない人、誰からも世話されない人、のために働くことを目的とする。マザー・テレサの活動は世界からも関心を持たれ、修道会は世界中の貧しい人々のために活動を行った。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)

・偉人の名言・格言 (全101名)





マザー・テレサの名言・格言集






マザー・テレサの名言・格言は、全3ページございます。

P. 2 3


page 1





名言・格言



人はしばしば

不合理で、非論理的で、自己中心的です。

それでも許しなさい。



人にやさしくすると、

人はあなたに何か隠された動機があるはずだ、

と非難するかもしれません。

それでも人にやさしくしなさい。



成功をすると、

不実な友と、

本当の敵を得てしまうことでしょう。

それでも成功しなさい。



正直で誠実であれば、

人はあなたをだますかもしれません。

それでも正直に誠実でいなさい。



歳月を費やして作り上げたものが、

一晩で壊されてしまうことになるかもしれません。

それでも作り続けなさい。



心を穏やかにし幸福を見つけると、

妬まれるかもしれません。

それでも幸福でいなさい。



今日善い行いをしても、

次の日には忘れられるでしょう。

それでも善を行いを続けなさい。



持っている一番いいものを分け与えても、

決して十分ではないでしょう。

それでも一番いいものを分け与えなさい。



- マザー・テレサ -


































LINEで送る





p. 1 / 3
? 前

1


2


3


次 ?








自然の音


もうじき夏休み


急増する「中1ギャップ」

不登校が急増するタイミングは、間違いなく中学1年生です。

小学校と中学校は環境が大きく違い、勉強も急に難しくなり教科も増え、友人関係も変化し、男女の関わり方も大きく変わります。
つい1週間前までは「上級生」として下級生から慕われていたのに、中学に入れば最下級生となってしまいます。
部活動も小学校のクラブ活動に比べると上下関係が厳しくなりがちです。
そもそも12-13歳と言えば、男女ともに心も身体も変化する思春期にありますので、周りからの目や人間関係には敏感になります。
そうしたものが複合して、学校での生活に苦痛を感じるようになってくるのが不登校の要因になると言われています。

入学直後から馴染めずに通学を苦痛に感じる生徒もいますが、それをゴールデンウィーク明けや夏休み明けに感じる生徒もいれば、中1の終わり近くになって感じる生徒もいます。
つまり、中1ギャップは中学1年生の1年間を通じて起こるものなのです。

中学生になったら塾に行くべきか


「中学生になったら塾に通わせる」
そう考えておられる保護者の方は多いと思います。
周囲にもたくさんおられますし、私もかつてはそう考えていました。



実際に、中学に入って最初のテストが思わしくなく塾に申し込んだけど
一年生は定員が一杯で人気の塾に入れなかったという話も聞きました。



中学生になると三年後には高校進学があります。
二年生の後期になると、保護者間でもそういった話題が多くなります。



親としてはのびのび中学生時代を過ごさせてやりたいのですが、
高校受験はあっという間にやってきます。



レベルの高い高校に進学する事だけが進路ではありませんが、
「行きたいと思う学校に行ける」学力を育てておきたいと心配するのが親心です。



中学進学と同時に塾に通うというのは一つの選択です。
しかし塾に行くだけで全てが解決するわけではありません。

中学3年生の学習


受験生への接し方

いよいよ受験生のスタートです。

中学3年生になったらば、早い段階で模擬試験を受け、現在の実力を確認しておくことをお勧めいたします。
また、部活動を引退するまでは心身ともに疲労が蓄積しますので、保護者の方は食事と睡眠にも配慮してください。

受験生になったとはいえ、真剣に受験勉強に取り組めない生徒さんも多いのが実情です。
1学期中に文化祭を行う学校もありますので、積極的に足を運ばれるなどして、生徒本人に受験生としての自覚を促し、また「この学校に進学したい」という目標を自分から持てるようにサポートなさることをお勧めいたします

就職を考えている皆さんへ


「別枠」という採用

ごくたまに、企業人事は「別枠」採用を検討する場合があります。
それは、最低条件はクリアできていないけれども、思い切って採用するだけの何か魅力がある学生に出会った時です。
例えば、
「対人能力は高くなさそうだが、スバ抜けた洞察力と専門知識がある」
「ビジネスマナーはなっていないが、常識に囚われない特異な発想ができる」
といた場合です。
こうした「別枠」採用は、企業にとってある意味「賭け」です。
採用したもの全く活躍しなかったり、逆に組織に混乱と手間をもたらすかもしれないというリスクを負って、「大化け」する可能性に駆けるのです。
これは、ある程度事業業績に余裕があったり、組織体制が安定化している大手企業に多くみられる傾向です。

不登校白書 中1ギャップ


不登校が急増するタイミングは、間違いなく中学1年生です。

小学校と中学校は環境が大きく違い、勉強も急に難しくなり教科も増え、友人関係も変化し、男女の関わり方も大きく変わります。
つい1週間前までは「上級生」として下級生から慕われていたのに、中学に入れば最下級生となってしまいます。
部活動も小学校のクラブ活動に比べると上下関係が厳しくなりがちです。
そもそも12-13歳と言えば、男女ともに心も身体も変化する思春期にありますので、周りからの目や人間関係には敏感になります。
そうしたものが複合して、学校での生活に苦痛を感じるようになってくるのが不登校の要因になると言われています。

入学直後から馴染めずに通学を苦痛に感じる生徒もいますが、それをゴールデンウィーク明けや夏休み明けに感じる生徒もいれば、中1の終わり近くになって感じる生徒もいます。
つまり、中1ギャップは中学1年生の1年間を通じて起こるものなのです。

社会に出て活躍するには。


既卒男性の非就業率は、7%~8%の間で高止まりしている状況が続いています。
せっかく大学まで卒業させたのに、定職に就かずに親の年金を食いつぶして…という悲痛な声も、親世代の高齢化とともに年々多く聞かれるようになっています。
社会に出て活躍する人と、そうでない人。
一体、何が違うのでしょうか。



必要なのは「適応力」

世の中には、様々な試練があります。
会社に就職すれば、嫌な上司や苦手な同僚、生意気な後輩や理不尽な取引先など、心をざわつかせるものに出会うことも少なくありません。
全てが順風満帆で、何をやってもうまくいく、というわけではないのです。
もちろん逆に、うれしいことや楽しいこと、喜びや達成感を感じることもたくさんあるでしょう。

結論から言ってしまうと、社会に出て活躍できるかどうかは、こうした辛いことを受け流したり乗り越えたりする「適応力」があるかどうかが大きく影響します。
叱られても「次はがんばろう」と素直に受け止めたり、陰口を叩かれても「そう思う人もいるよね」と流したりする力です。
また、ミスをしたり挫折をしたりしたときに、そこから何かを学んですぐ次に進めるように体制を整えられる力です。

「子どもが定職に就かない」と嘆く親は、コンビニや飲食店で働く店員さんや、朝の満員電車に揺られるビジネスマンを、うらやむようなまぶしいような感覚で眺めてしまうのだそうです。
「うちの子もこうやって働いてくれたら…」という思いなのかもしれません。
でも、多くの店員さんやビジネスマンは、決して特殊な能力を持っているわけではないのです。
優れた能力や技術、豊富な知識よりも前に、前記の「適応力」を多かれ少なかれ発揮して社会で活躍しているのです。

社会に出るということは


既卒男性の非就業率は、7%~8%の間で高止まりしている状況が続いています。
せっかく大学まで卒業させたのに、定職に就かずに親の年金を食いつぶして…という悲痛な声も、親世代の高齢化とともに年々多く聞かれるようになっています。
社会に出て活躍する人と、そうでない人。
一体、何が違うのでしょうか。



必要なのは「適応力」

世の中には、様々な試練があります。
会社に就職すれば、嫌な上司や苦手な同僚、生意気な後輩や理不尽な取引先など、心をざわつかせるものに出会うことも少なくありません。
全てが順風満帆で、何をやってもうまくいく、というわけではないのです。
もちろん逆に、うれしいことや楽しいこと、喜びや達成感を感じることもたくさんあるでしょう。

結論から言ってしまうと、社会に出て活躍できるかどうかは、こうした辛いことを受け流したり乗り越えたりする「適応力」があるかどうかが大きく影響します。
叱られても「次はがんばろう」と素直に受け止めたり、陰口を叩かれても「そう思う人もいるよね」と流したりする力です。
また、ミスをしたり挫折をしたりしたときに、そこから何かを学んですぐ次に進めるように体制を整えられる力です。

「子どもが定職に就かない」と嘆く親は、コンビニや飲食店で働く店員さんや、朝の満員電車に揺られるビジネスマンを、うらやむようなまぶしいような感覚で眺めてしまうのだそうです。
「うちの子もこうやって働いてくれたら…」という思いなのかもしれません。
でも、多くの店員さんやビジネスマンは、決して特殊な能力を持っているわけではないのです。
優れた能力や技術、豊富な知識よりも前に、前記の「適応力」を多かれ少なかれ発揮して社会で活躍しているのです

不凍港白書NO2


急増する「中1ギャップ」

不登校が急増するタイミングは、間違いなく中学1年生です。

小学校と中学校は環境が大きく違い、勉強も急に難しくなり教科も増え、友人関係も変化し、男女の関わり方も大きく変わります。
つい1週間前までは「上級生」として下級生から慕われていたのに、中学に入れば最下級生となってしまいます。
部活動も小学校のクラブ活動に比べると上下関係が厳しくなりがちです。
そもそも12-13歳と言えば、男女ともに心も身体も変化する思春期にありますので、周りからの目や人間関係には敏感になります。
そうしたものが複合して、学校での生活に苦痛を感じるようになってくるのが不登校の要因になると言われています。

入学直後から馴染めずに通学を苦痛に感じる生徒もいますが、それをゴールデンウィーク明けや夏休み明けに感じる生徒もいれば、中1の終わり近くになって感じる生徒もいます。
つまり、中1ギャップは中学1年生の1年間を通じて起こるものなのです。